首イボは自分で簡単にケアできる!おすすめ成分のクリームを選ぼう

プロフィール写真

気が付くと首にポツポツとイボのようなものができてしまったと悩んでいる方、それは老人性イボと呼ばれるもので加齢によってできてしまうものです。

老人性イボはウイルス性のイボではありませんから、大きくなったり他人に移してしまったりする心配はありません。

首イボはどうしてできるの?

首イボは主に老化によって肌に新陳代謝が悪くなってしまうことで起こります。
古い角質などがはがれにくくなってしまい塊のようになって首イボばできてしまいます。

また、紫外線による影響や首と洋服などとの摩擦によって長年肌がダメージを受けると角質が固くなり、老化が早まってイボができやすくなります。
主に30代辺りから首イボに悩まされる方が多く見られ、男性よりも女性の方ができやすいです。

首イボクリームとして一番人気のある艶つや習慣の口コミについては「艶つや習慣の口コミ」で詳しく紹介されています。

治すにはどうしたらいいの?

首イボをきれいにしてしまうには、病院へ行って治療する方法があります。
皮膚科や美容皮膚科などではハサミで切ってくれたり、液体窒素やレーザー治療などの方法があります。
治療法によっては保険適用外になりますから、事前に自分で調べてみたり病院で聞いてみると良いでしょう。

おうちで治す方法はないの?

病院のように即効性はありませんが、セルフケアでも充分に首イボをきれいにすることができます。
治療薬を使った方法もありますが、おすすめしたいのは首イボ専用のクリームを使ったケア方法です。
いつも使っているボディクリームなどと同じような感じでケアできますから、お風呂上りなどの肌が柔らかくなっている時にマッサージしながら塗ってあげると効果的です。

首イボケアクリームに求めたい成分

cream-186828_960_720

首イボケアクリームには様々な成分が配合されていて、種類によって違っています。
最低限含まれていて欲しいのがヨクイニンとアンズエキスです。

ヨクイニンはハトムギに含まれている成分で、イボの定番成分として知られています。
イボが早く取れるように新陳代謝を活発にする作用がありますから、イボを排出しやすくなります。
また、皮膚の再生を助けてくれて炎症などを鎮めながら、健やかな皮膚を作るのをサポートしてくれます。

アンズエキスは杏の種の中にある仁から抽出されたエキスで、高い保湿力を持っています。
角質を柔らかくして血行をよくする作用がありますから、肌のコンディションを高めてくれます。
また、抗酸化作用で活性酸素を抑制してくれるので、老化を防止して紫外線からのダメージに負けにくい肌を作ってくれます。
新陳代謝を活発にする作用がありますから、イボが取れやすくなります。

ヨクイニンとアンズエキスの両方とも年齢とともに落ちてしまった代謝を高めてくれますから、イボを始めとして老廃物が排出されやすくなります。

見た目が良くない首イボは放っておいても害はないのですが、やはり見た目が気になります。
おうちで首イボケアクリームでこまめにケアすることで少しずつイボが取れてきます。
大がかりな病院での治療をしなくても、コツコツ継続してケアしていけばきれいになりますから、まずは3ヶ月は使ってみるのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です